意外と高額買い取りになるケース

「これは売れないだろう・・・」

「これは安く買い取りされるだろうな」

ですが実際には高額買取になるケースがあります!

その前に、、、

高額買取に共通している特徴を教えます!

もともとの購入価格が高いもの

定価が高いものは、売る時もやはり安売りの品物より買い取り金額は高くなります。

綺麗に使っているもの

キズがある・汚れている・変色している・タバコの臭いがする。中古なので仕方ないですが敏感になってしまうところです。
目立つところにキズがあると予想以上に査定金額が下がることもあります。

希少性があるもの

世間で人気の商品や流行りの商品は、レアリティがあり高く取引されます。


びっくり高額買い取り事例をご紹介します!

売れなさそうですが実は買取できるもの

腕時計など
◯ガラスが割れている
◯石が取れている
◯ベルトが壊れている
◯修理が必要

このような状態であっても、高額品なら買い取りが可能な場合もあります。

買取金額が実は高額なもの

アクセサリー・貴金属・宝飾品のうち、金・プラチナ製品

壊れている商品などは、おおよその修理代金を引いての査定になりますので、基本的に買取出来ないかお値段が付かない事が多いですが、 金・プラチナ製品に関しましては、基本的に重さでの計算になりますので、壊れていても結構です。

季節によって需要が変わるもの

季節によって世の中の消費者の需要が変わるものがあります。生活家電で分かりやすい例で言いますと、扇風機やエアコンなどでしょうか。

扇風機やエアコンなどは4月ごろには既に買取を強化しており、高い値が付くことがあります。
逆に暑いシーズンの真っ最中である7,8月には、リサイクルショップ業界では積極的な買取を控えるようになり、高い値が付きにくいケースが見受けられます。

季節によって需要が変わる商品の買取をお考えの方は、3,4ヶ月前に買い取りに出されることをお勧めします。